恐ろしい「蝕のエネルギー」と人生の危険

恐ろしい「蝕のエネルギー」と人生の危険

 

蝕のエネルギーの発生とメカニズム

 

IMG_9222.JPG

 

蝕(しょく)とは太陽・月・地球の3つの天体の位置関係から太陽や月が隠れて見える天体現象のことです。日食や月食と言います。部分食、皆既食、金環食、ダイヤモンド食などがあります。蝕の時間帯は酸素が薄くなるようなエネルギーが発せられます。これを「蝕のエネルギー」と呼んでいます。また、蝕の時間帯は快晴の日中でも突然真っ暗になることがあるので、古来より不気味な扱いを受けてきましたが、実際にも不可解な事件が起きると言われています。単純に事件が起こるだけではなく、何度も何度も繰り返されるような悪事が続くのが蝕の特徴です。

 

IMG_9267.PNG

日食・月食の原理

 

蝕の後に起きた不可解な事件や事故

 

9名連続バラバラ殺人事件

 

ph4.png

 

2017年に神奈川県座間市で起きた9名連続バラバラ殺人事件は蝕の日の夜を一番最初に連続殺人事件が起きました。その後、続々と事件が起こり世間が騒然となりました。

 

人気アイドルの離散・カリスマモデルの失墜

 

人気アイドルグループのSは、蝕のもとでコンサートをして仲違いが悪化し数年後に離散。人気絶頂だったカリスマモデルのEは、夫妻で蝕を見に行き、離婚。自身の発言が大きなネガティブ報道となり仕事は激減しました。蝕のエネルギーは人生に大きなマイナスの影響をもたらすうえ、蝕の前の状態に復帰することが著しく難しいと考えられています。

 

政治家Aへの殺人予告・国家元首の逮捕

 

政治家Aへの殺人予告は蝕の期間の飛行機移動中の出来事でした。また、本能寺の変は蝕の日に起きているほか、海外では、大きな船の沈没事故や国家元首の逮捕にも至る事件も起きています。

 

蝕のエネルギーは生死に直結する

 

蝕のエネルギーは生死に直結します。蝕のエネルギーを浴びる行為はたいへん危険です。東洋占術と占星術の大きな違いは、「蝕」に関する考え方の有無です。不慮の事件や殺人事件、突然の交通事故死に見舞われた方はホロスコープのデットポイントに蝕が重なったタイミングでの出来事でした(ホロスコープを再現する度に、背筋がゾッとします)。古代から「蝕の日に外出してはいけない」と恐れられています。

 

運命の終わりを告げる「月」の存在

 

運命に終わりを告げるのは、「月」です。月が帯びる蝕のエネルギーは最強の負のエネルギーです。蝕のエネルギーから身を守るためには、自宅など室内空間でひっそり隠れるしかありません。現代ではこのような「常識」は誰も教えてくれないのです。人間のホロスコープには「デッドポイント」という急所があります。ここで蝕が起きるときは、古来より「災いが降りかかり、警戒が必要」と言われています。しかし、そのことに気が付かずに蝕の光を肉眼で見てしまい災いを自ら招き入れてしまう方が多数いらっしゃいます。

 

蝕のデッドポイントチェックで「運勢の健康診断」を!

 

ph5.png

 

あなたは毎年、健康診断や人間ドックを受診していますか?ホロスコープも日々変わります。「蝕のデットポイントチェック」は、あなたのデットポイントで蝕が起きる可能性を調査してご回答する「運勢の健康診断」です。運勢を正しく知って早めに対策を練りましょう。 蝕のデッドポイントチェックは毎年1度の健康診断と同様に定期的な受診をお勧めします。私はこの蝕のデットポイントチェックは<must>だと思います。是非、受診しましょう。

 

蝕のデッドポイントチェック(ココナラ占い)

 

 

凶運期・吉運期は必ずやってくる

 

古代メソポタミアでは、占星術を活用して地震予知や水害予知をしていました。メソポタミアのあった現在のイラン付近は地震や水害が頻発していたからこそ占星術が発達し予知に使われたのでしょう。占星術を使うとみなさんの凶運期や吉運期がわかります。ホロスコープにヒントが隠されているのです。

 

 

Top Page

もどる (メソポタミア占星術総合研究所ホームページ)

メソポタミア占星術研究所

 

あなたのホロスコープを精査します