恋愛運・結婚運で特に注意するポイント!

ホロスコープにはいろいろなヒントが書いてあります!

ここでは、恋愛運や結婚運で特に注意するポイントについて、ご紹介いたします。

 

芸能人の恋愛分析.gif

この図は実際にご結婚なされたカップルのホロスコープです。

内側が男性(1971年生)、外側が女性(1983年生)です。

 

・天体配置やアスペクトの状況が似る
ご自身のホロスコープの「天体配置」を見たことがありますか?天体配置とは、”ホロスコープの上半球に天体が集まっている”のように天体の位置関係の特徴をあらわすものです。不思議なことなんですが、結婚する相手のホロスコープは、なぜかご自身のホロスコープと天体配置が似ていることがあります。図の場合は男女ともにホロスコープの上半分に多くの天体が集まっています。

 

・太陽や月、金星や火星が同じサインや同緯度(パラレル)
太陽や月に吉座相が出ていたり、同じサインだったり、特に、太陽や月が同経度だったりすると、宿命的です。また、金星と月が同緯度(パラレル)だったりすると、出会ってすぐに結婚する「宿命の関係」となることが多いです。

 

・マレフィックに損なわれていない
マレフィックとは、火星、土星、天王星、海王星、冥王星です。和訳すると、凶天体と呼びます。結婚してからの関係でも大切になってくるのですが、相手のマレフィックに太陽や月、金星、火星などが損なわれていると、恋人・夫婦関係に問題が生じることが多いです。例えば、自分の太陽に相手の火星が来ていると、「暴力を受ける」などのように解釈します。ここは、ご結婚前にプロフェッショナルの占星術に相性をチェックしていただくのが良いです。

 

・時期は進行の天体が教えてくれる
いつ結婚するの?その答えは進行の天体がヒントを与えてくれることがあります。
例えば、進行金星が出生太陽の真上にやってきたタイミングでゴールイン!という方も多数見ております。個人差はありますが、とても不思議です。

 

・結婚できないサインはあるの?
古来から占星術でも「結婚できないサイン」があります。しかし、そのサインで結婚している方もおります。新人の占い師や素人さんがこうしたサインをご自身のホロスコープのなかに見つけると、ご不安になられる方も多いのですが、過度に不安に陥る必要性はありません。いまだに、市販の占星術マニュアルにそうしたことが書いてありますが、あれは大きく間違っています。

 
ご自身のホロスコープはどうなっていますか?

 

個人鑑定(ホロスコープ鑑定)は下記からお尋ねください。

https://mesopotamiaclub.com/menu